PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
過去の新しい意味づけをしてみよう!イエーイww
久しぶりの投稿ーー!!
ANNAの奮闘振りで勇気付けられましたグッド

と、忘れていた職歴?なんかも思い出したので
書きたいと思います。



レイチェルが銀座でホステスしていました。
というと、驚く人がほとんどだとは思いますが
当時は9号サイズのミニスカが綺麗に履きこなせた時ですので(苦笑)
体重なんて、、25キロくらい違ったり、、あははは〜(自滅)







商売に失敗してギャンブル漬けになっている両親の元で
思春期を過ごしてきたレイチェルは高校までしか
学費を出してもらえませんでした。


その後は自分で払わなくてはならなくて、奨学金制度を利用しました。
会社に入ってOLになった私は、早く借金を返したいのと
遊んだり洋服を買うお金が欲しくて、水商売の世界に入りました。
今、振り返ると若さゆえなのか、安易な行動でしたね(苦笑)


新宿、渋谷、六本木と渡り歩き、落ち着いた先が
会員制の銀座のクラブでした。
当時、お水系の仕事に嫌悪感を持っていた私は
面接でもハッキリと

「借金を返すまでのアルバイトで、ずっとやる気はありません。」

と公言していました。


そこは財界人や一部の芸能人、会社の理事や社長の来るクラブだったのですが、面接してくれた男性の忘れられない台詞があります。

「君は素直で芯が通ってて面白い。素人さを売りにしていこう!」

だよね〜〜〜
素人なんだからそれしかアピールするものがないよねたらーっ


一般的にホステスさんといえば、お客さんにお酒作って、タバコに火をつけて、隣に座って話すだけで高給を取る仕事って思われているけれど、、、



現実はもっと大変でやりがいのある仕事でもありました。



レイチェルはグループ4人で来たお客さんの内の一人と
話し込んでしまうと、あとの3人は目に入らず、、
いつのまにかグラス空っぽとか、よくありました。
それで待機時間に一度に4人に気配りする方法など教わりました。
しかし、ある日ママが



「レイチェルは聞き上手って○○さん、喜んでたわよ。」



この頃に全く知らない人の全く分からない話を
一生懸命聞く訓練が出来たのだと思います。

それからはママは私の気づかない分はヘルプさせて
一人のお客さんに付けるようにしていました。


実はレイチェルはお酒が飲めません。


不思議ですよね。お酒飲めなくて、飲み屋でバイトってねえ。。
テーブルごとの会計が給料に反映するので、飲める子は
身体を張って、高いお酒をガンガン飲んでましたね。


自分はひたすら「話を聞く」をしてました。
時々、フルーツの特盛を頼んでくれた時は嬉しかったなww
回数は来れないけれど(部長さんくらいだったかな)
来る度に指名してくれて、大好きなレーズンバターを
何にも言わなくても頼んでくれた常連さん、、


身体をいきなり触ってくる最低な奴もいたけれど
今思い出すのは、良くしてくれたお客さんばかり。
良い思い出と経験となったわけです!



ちなみにレイチェルが見たスーパーホステスさんは凄かったですよ!
毎朝、5時に起きて、日経から全国紙全て新聞を読んで
時事情報、株情報、芸能ニュースなどなど頭に叩き込んで
午前中は身体を鍛えて、午後にお風呂に入り、夕方前に美容院に行く。


当時は携帯電話なんてポピュラーじゃなかったので
お客さんに手紙を手書きで書く。
一番感心したときはママがお店に入ってくるお客さんの顔色で
どういう精神状態かが判ってしまう時!!


マジ!!すげえ〜〜〜〜


私なんて、毎日ダーリンの顔を見ていますが
状態なんて、よく判りませんよ〜(汗)


プロの人たちと一緒に仕事をしていたので
驚かされる事は多かったですね。
お客さんによって楽しませ方とか、違うんですよ。
あっちでは政治の話をしていたかと思えば
こっちでは下ネタを身振り手振りで爆発させていたりとか、、
変幻自在なのにはビックリ!!


ただただ、お客さんに喜んでもらいたい!


この精神なんですよ。
ホステスさんってエンターティナーです。。ある種の!!
ここでは政治の裏側や、会社の裏側なんかも覗けて
面白かったし、駆け引きも少し学びました(今でも苦手だけど・・)
男性の生態についても、耳年増になっちゃったかな!?


しかし、皆さんのお察しのとおり^^
万人に愛想も色気も振りまけなかったレイチェルには
とってもとってもコアなお客しかつかず(って当たり前だよ!!)
それはそれで良かったと思っていますニコニコ


なんてったって小説ネタはかなりありますからね〜〜!!
自分の経験を切り売りして話を書く小説家には
良い材料になること間違い無し!!
(グローバルベストセラー作家が夢ですからね!!)



あと、不思議なのは人とのご縁ですか。。。
ここで働かなかったら、おそらくダーリンとは出会っていないです。
彼はお客ではなく、私の友達の彼氏の先輩でした。
良くある紹介ってやつですねww
キューピット役の二人は結納までかわして結婚直前に
破談になってしまったのは残念でしたが。
本当に縁って不思議です。



奨学金は結局、結婚までに返しきれなくて
結婚してから3年くらいかかったかな。。。
ダーリンは水商売してて、借金のある私をもらってくれました。
なんて素晴らしい人なんでしょ!!
感謝感謝♪
もっと優しくしてあげなくっちゃ^^(笑)









<気づき&学び>
昔の嫌な記憶も貴重な体験になる。




<アイデンティティ>
The meaning of anything can be changed in a heartbeat.





| 日記 | 11:51 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 11:51 | - | - |
レイチェル

銀座でホステスさんやっていたんですか〜。
すごいですね!

私もこれを読んで「え〜っ!そうなんだぁ。」と驚きました。(^^;

ホステスさんてすごい努力しているんですよね。
ホント話題が豊富じゃないと、やっていけない職業ですものね。

よくコーチングで「ジョハリの窓」というのを勉強します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%AA%93

ここでいうところの「秘密の窓」というのを誰しも持っているものですね。

人それぞれ外側からはうかがえない奥深さというのもがありますね。

| Mike | 2006/03/07 5:17 PM |










http://0to1success.jugem.jp/trackback/5
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 6:40 PM |
こりゃなんじゃ〜!?


Google
成功の秘訣を学ぼう!
アンソニー・ロビンズ
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS